ぱぱの背中

ムーミンパパと落語が好きなサラリーマンがクロスバイクやロードバイクに乗ってダイエットに励むblog

iPhone 自転車の部品

車載したiPhoneをサイクリングコンピュータとして使いたいなぁのその2

2013/09/19

さて、とりあえずiPhoneを車載してみたわけですが、ただ積むだけではなくサイクリングコンピュータとして使用することが目的な訳ですが、なかなか決まりません。

今どきのiPhoneを中心とした構成では、Bluetooth Smartに対応した機器とソフトをそろえることになるのですが、ケイデンスセンサー・スピードセンサーなどの機器に関してはほぼ値段勝負な模様。なんとなくですが、それぞれのコアパーツは実は同じ会社が作っているような気がしてならなくて…

ただ、使用するアプリは、多種多様。そもそも日本語対応してないものも多いのでなんともいえませんが、次の3本が、peteram的な候補に。

アプリ名 概要 感想
PanoBike - TOPEAK
  • バイクグッズメーカーで有名なTOPEAKのサイクリングコンピュータアプリ
  • サイクリングコンピュータ画面2とマップ画面1を切り替えて使用
  • ワークアウトの結果を履歴として保管
  • Bluetooth Smart対応なのだが、自社製の機器しか接続できない
自社製機器しか接続できないということは、このソフトを使いたければうちの機器を買え!という意味なんだろうけど、今回peteramが試した他のアプリと比べて特に優れているわけでもないというのが問題。
Runtastic Road Bike PRO GPS サイクルコンピュータ - runtastic
  • 各種トレーニングごとにリリースされているシリーズのRoadBike版であるが他の同社製アプリとの違いはほとんどないらしい
  • アプリ自体に有料版と無料版があり無料版だと機能制限される
  • runtastic.comと連動しトレーニング管理モロモロが可能だが、そちらも有料版と無料版がある
  • サイクリングコンピュータ画面はマップが表示される1画面のみだが、表示内容をカスタマイズ可能
  • Pebble Watchと連動
peteram的には最も気に入っているアプリ。使用状況しだいでもあるが電池が3時間弱しかもたないのが厳しい
Cyclemeter GPS サイクリングストップウォッチ - Abvio Inc.
  • サイクリングコンピュータ画面を複数作成可能かつさまざまな部品を持つ多機能スポーツ時計
  • アプリは有料版しか存在しない
  • Runtastic Road Bikeよりは電池がもつ
  • 3種のアプリの中では唯一ODDメーターの機能がある
  • Wahoo RFLKTと連動
画面が複数持てるのはいいが全体的に少々めんどくさい印象。履歴機能で以前走ったコースを見るときのコースの描画が気に食わない。追記2013-09-19:新バージョンではコースの描画がまともになっている。

と考え始めてもうかなり経つけど、今のところRuntastic Road Bike Proを使用中。ただし、Bluetooth Smartのケイデンスセンサーとかスピードセンサーはまだ購入せず、CATEYEのCC-RD410DWもまだ使用中。結局総走行距離が記録できないのはサイクリングコンピューターとして致命的な気がするんですけどねぇ。

なお、iPhoneの電池が2-3時間しかもたないので、予備の電池が必須。(eneloop型)ニッケル水素電池が経済的な気がしているので、こんなの持ち歩いてます。

800mA出力なので、通常のUSBよりちょっとはやく充電可能。

Amazonで 楽天市場で

こっちは1Aなのでさらにはやく充電可能なのですが、形状の問題で使ってません。

Amazonで 楽天市場で

こいつらにeneloop型ニッケル水素電池を2セットほど持って歩かないと安心できないのが問題かも。実はこれ以外に1A出力のUSB ACアダプタも持って出かけていたり…

-iPhone, 自転車の部品