ぱぱの背中

ムーミンパパと落語が好きなサラリーマンがクロスバイクやロードバイクに乗ってダイエットに励むblog

『ぱぱの背中』の背中

初体験は、痛いものなのですね。

年齢どおり四十肩のpeteramです、こんばんは。昔は五十肩って言ったらしいんですが、すべての病気は低年齢化するの法則(どんな法則ぢゃ)どおりですね。

もともと土日性頭痛持ちだったんですが、長い通勤時間を同じ姿勢し続けていたためか、一年ほど前から左肩を上げるのに結構な痛みを伴うようになってしまいました。

で、話は昨日の披露宴に戻るのですが、実は披露宴の後に二次会ってやつがあり、その間隔が3時間ほどあったわけです。

そんなに間が開いているなんて考えてもいなかったので困ってしまっていたpeteramを、同席していた友人(税理士-同い年-バツイチ-今年9歳下の元スッチーの女性と再婚)が、マッサージに連れて行ってくれたわけです(費用は自分持ちです)。

peteram、肩が凝るとか言いながら、実のところマッサージとか指圧とかのお世話になったことが一度もなかったんです。根が貧乏性なんで、そういうものになかなかお金を使えないんですよ。呑みに行くのには使いますが。低周波治療器を購入してごまかしてみちゃったりもしますが。

で、連れて行かれたのが台湾式マッサージの順順。とあるサイトによれば、「OLさんに大人気!!」らしいのですが、昨日は日曜日、ほかにお客さんはいない模様。そんな中、比較的ごつめの男性二人で並んでマッサージされてしまうわけでした。

で、感想なんですが、「とにかく痛い」。痛がっているのがわかるんでしょうね、マッサージ師の肩も「痛い?」とか質問しながら適当な強さを模索したりします。友人(税理士-同い年-バツイチ-今年9歳下の元スッチーの女性と再婚)曰く「痛いのがそのうち気持ち良くなってくるんだよ。イタ気持ちいい。」だそうですが、コリが激しくってそんな状態にはなってくれません。

本日のオーダーは、肩・首・腰の三点セット。注文していないふくらはぎのコリも、「ここも凝ってるねぇ。硬いよ。」と軽く叩いてくれます(これは気持ちよかった)。45分でシーツ代込み5000円の投資が終わります。

友人(税理士-同い年-バツイチ-今年9歳下の元スッチーの女性と再婚)が、「どう?楽になった?今日は、ゆっくり眠れると思うよ。」と声をかけてくるのですが、初体験のpeteramにはまだそんな間隔は芽生えていないのでした。ただ、痛くて上がらなかった左肩が、ちょっと痛いけど上がるに改善したのにはびっくりしましたが。

最後にマッサージ師の方が、「お兄さん、凝ってるから、またいつか来たほうが…」と言いかけて、「いつかじゃなくて、一月に一回はマッサージした方がいいと思うよ。コリが激しいから。」に変更。まなんにせよ、コリが激しい方らしいということがわかっただけでも収穫でした。

ちなみにただいま入浴後就寝前にこれを書いているのですが、さっきからマッサージされた所が痛くなってきちゃってるんですよねぇ。

と言いつつ、肩こりが激しいのは事実なんで、また行って来たいと思っているのですが…流山・柏・松戸方面のみなさん、この近辺で良いマッサージ店、知りませんか?

-『ぱぱの背中』の背中