ぱぱの背中

phpバージョン問題等からの迷走からようやく復帰、でもhttps化するんでまた動かなくなるかも…

本を読もう

7日間ブックカバーチャレンジ:6日め:家畜人ヤプー-沼正三

石ノ森章太郎による劇画版で名前は知っていたものの、劇画版も原作小説も、タイトルを見ただけで避けてしまっていた、沼正三の家畜人ヤプー。よんでみたら、名前を知った頃に読むべきではなかったことが分かり、まぁほっとしました。

日本人であることに絶望したくなったら、読むべきかも。

私が読んだときは角川文庫で出ているものが最も手に入りやすかったかな。後に続編が刊行されているが作者が違うのではないか疑惑もあります。今入手しやすいのは幻冬舎版かな。

初版には、三島由紀夫の帯がついているなど、ジャンルの特殊性と内容からそれ以降もいろいろ注目される作品でした。おおむね現在の型の原型となる太田出版による版では、ビートたけしの帯、荒俣宏の解説なども。ビートたけしが絶賛した本ということで、私も知り合い(美女)から読ませてくれと頼まれたこともあります。まぁ、こちらから読ませるものでもないのですが…

#7日間ブックカバーチャレンジ #bookcoverchallenge #リンクをクリックして購入された場合に私に収入が発生する場合があります #Facebookのバックアップみたいなもんです

応援お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

-本を読もう
-,